七夕祈願祭

7月7日 19時より、七夕祈願祭を執り行われました。


[七夕とは?]

七夕とは、一年間の重要な五節句の一つで、
古くから行われている日本のお祭り行事です。
7月7日の夜に、願い事を書いた短冊・飾りを
笹の葉につるして、手習いの上達をお願いします。


七夕は、

乙女が川辺で機を織って神様を迎え、
豊穣を祈ったり、人々の罪けがれをはらう
棚機(たなばた)という日本の禊(みそぎ)の行事

織姫と彦星が年に一度だけ天の川の上で会える
「星伝説」

「星伝説」を基に、ふたつの星の逢瀬を眺め、女性達が織女にあやかって、
裁縫やはた織りの上達をお祈りしたという中国行事の「乞巧奠(きこうでん)」

この3つが時代を経て合わさり、現在のような七夕になったと伝えられています。

 

七夕祈願祭では、学業の向上や習い事の上達を祈願いたしました。

当日は雨が降ることもなく、爽やかな風が拝殿の中に吹いており、
笹の揺れる音がとても心地よい夜でした。

参列された方は、神様にお参りをされた後、
思い思いの願い事を短冊に書いて笹に吊るしておられました。

 

2019年07月09日