夏越の祓い

水無月の夏越の祓いする人は  千歳(ちとせ)の命のぶと云うなり

6月30日 11時より、 夏越の祓いが執り行われました。

夏越の祓いとは、半年間の日頃の罪けがれを
人形(ひとがた)にうつして祓い清め、
無病息災を祈願する神事です。
12月31日には大祓いが行われます。

人形に氏名・年齢を記入し、その人形をもって
「はらいたまえ、きよめたまえ」と唱えながら、
身体を撫で、息を吹きかけます。

 

神事は鳴動式でおこなわれました。

吉凶を占う釜鳴り神事として行われる事もありますが、
釜の「ボー」と鳴り響く音によって、人形を祓い清め、
三種祓詞の「とほかみゑみため」を三回唱えながら、剣で罪けがれを断ち切ります。
その後、人形を川に流します。

 

神事終了後、参列者に水無月が配られました。

この日に、白の外郎生地に小豆をのせて、三角形に切った京菓子の水無月を食べます。

水無月の上部にある小豆は悪魔払い、三角の形は暑気を払う氷を表していると
いわれています。

2019年07月02日